イヤーカフ、イヤリング、ノンホールピアスについて

イヤーカフとは

別称イヤーカフス、カフ、カーフ、イヤリングなど様々な呼び名で言われるイヤーカフ。英語ではear cuffと書き、ショップによって色々な名前で呼ばれますが、グリーンピアッシングではイヤーカフと表記しております。耳に挟むだけで誰でもが楽しめるイヤリングのようなものが多いのでピアスホールがなくても装着でき、年齢層を超えて幅広く愛されています。装着の方法は主に、耳の側面部に着ける方が多いですが、デザインによっては耳たぶや鼻ピアスのフェイクとしても使えます。シャツの袖口につけるカフスボタンと同じ語源です。ちなみにcuffには「平手打ち」という意味があります。何か関係あるのでしょうか?

イヤーフックとは

グリーンピアッシングでは「イヤーラップ」とも表記するイヤーフックは、イヤーカフと同じくピアスの穴がなくても楽しめるアクセサリーです。耳にデザインがついたフック状のパーツを引っ掛けるだけで装着できる手軽さと、イヤーカフと違いデザインに重みがあっても落ちることがないので、大きなデザインを作ることができ、存在感の大きさやゴージャスさが人気になっています。

マグネットピアスとは

マグネット(磁石)の引っ付く力で簡単に装着できるピアス。磁力によってピアスを固定するので、構造上大きなデザインが作れない短所があります。耳に磁力を通すことにより人によっては肩こりが治ったや、体の調子が良くなったという事もお聞きしますが、科学的には実証されてませんので、皆様の感想もお待ちしております。

イヤリングとは

日本では穴を開けずに装着できるアクセサリー全般をイヤリングと総称する場合がございますが、アクセサリーとしてのイヤリングは、ネジ式やクリップ式、フープイヤリングなど留め具の形状で分類されています。

ピアス・ボディピアス専門店 グリーンピアッシング